業務のご案内

佐賀県生活衛生営業指導センターでは生活衛生関係営業に関する様々な業務を行なっています。

1. 相談指導事業

相談指導事業

生活衛生関係営業者(略称:生衛業者)や生活衛生同業組合(略称:生衛組合)からの経営・税務・衛生・融資等生衛業の経営全般にわたる相談業務を行っています。
融資については、店舗の新築・増改築や設備の更新、または経営の近代化・合理化等のために資金が必要な場合に「(株)日本政策金融公庫」の融資手続きの相談を受けています。
また、利用者・消費者の方からの苦情などに関する相談、それを受けての生衛業者への指導などを行っています。

相談受付
毎週月~金曜日 午前9時~午後5時(祝日、年末年始の休業日を除く)
指導センター事務室にて受付(但し、事前にご連絡ください)
相談費用は無料です。いずれも秘密を厳守します。

その他
弁護士や中小企業診断士などへの専門家への紹介などについてもご相談ください。
いずれも秘密を厳守します。

2. 経営改善資金融資等指導事業

生衛組合に加入されている小規模な生衛業者の方などに対して、無担保、無保証・低利融資の貸付制度である「(株)日本政策金融公庫」の生活衛生関係営業経営改善特別貸付の利用をお薦めするなどして、経営指導を行っています。
また、この融資申し込みに対する審査等を行う経営特別相談員の研修会を開催しています。
秘密を厳守します。相談費用は無料です。

経営特別相談員一覧

3. 情報化整備事業

情報化整備事業

生衛業関連情報を収集し、指導センターのホームページに掲載するなどして、生衛業者の方や生衛組合利用者・消費者の方などに提供しています。

4. 標準営業約款登録事業

標準営業約款とは、理容、美容、クリーニング、一般飲食業、めん類飲食業の営業者の方が、利用者の方に「提供するサービス」、「使用する施設や設備」、「事故時の損害賠償」等を表示して、利用者の方とお約束することで、「安全・安心で清潔なお店」としてPRする制度です。
標準営業約款を守る「安全・安心で清潔なお店」として登録を受けたお店である証として掲示できる標識が「Sマーク」です。
「Sマーク」のお店になるためにはお申し込みが必要となります。佐賀県生活衛生営業指導センターが「Sマーク」のお店を登録する業務を行なっています。
詳しくは指導センター又は関係の生活衛生同業組合へご連絡下さい。手続きについてご説明させていただきます。

Sマーク

Sマーク

Sマークは利用者・消費者の皆さまにご利用いただく際の安全・安心の目印です。
マークのある理容・美容・クリーニング・めん類飲食・一般飲食店は、Safety[安全]・Standard[安心]・Sanitation[清潔]の3つのSをお約束させていただきます。
選んで安心”Sマーク(ロゴ)”のあるお店

5. クリーニング師研修・業務従事者講習事業

クリーニング業法第8条の2及び第8条の3に基づくクリーニング師や業務従事者の方に対する研修や講習を行っています。

研修・講習が必要な理由

クリーニング師研修

クリーニング師は、取次所を除く全てのクリーニング所に一人以上いなくてはならない国家資格を持った方です。つまり、不特定多数の人の衣類を洗濯するクリーニング所内の監督をする人であり、公衆衛生を守る役割を担っている方です。
またクリーニング師は、技術だけではなく、ファッションの進化に伴う新しい素材への対応や接客サービスの向上など、幅広い分野に対応することが求められます。そのための知識を習得する機会の一つが研修制度です。
また取次店で衛生管理を行う業務従事者の方は、洗濯物の受け取り、引き渡しなどのカウンター業務の重要性、品質管理と取扱表示・繊維素材の基礎知識などを習得する機会の一つが業務従事者講習会です。

※研修会は毎年開催しています。開催に関することは「お知らせ」にて随時ご案内いたします。

研修会・講習会開催日時・会場など

「お知らせ」にて随時ご案内いたします。

申し込みの手続き

(1)申し込みの手続き

申込書に受講者ごとに必要事項を記入して、佐賀県生活衛生営業指導センター宛に送付してください。

申込書の送付先及びお問い合せ先
〒840-0826 佐賀市白山一丁目2-13 諸永ビル3F
公益財団法人 佐賀県生活衛生営業指導センター
TEL・FAX:(0952)25-1432
(2)受講料
クリーニング師研修 5,000円(テキスト代を含む) 第1型・第2型共通
業務従事者講習 4,500円(テキスト代を含む) 第1型・第2型共通

受講料は、「現金書留」又は「銀行振込」により、受講する人の名前でご送金下さい。

6. 後継者育成支援事業

将来の後継者を育成するためにも、県内の理容、美容、旅館ホテル、飲食、料理、食肉、クリーニング、興行の全組合では、若い人に生活衛生業への興味や関心を持ってもらえるように、インターンシップ(就業体験)の生徒さん達を受け入れてもらえるお店を募集して、学校や行政とともに連携しながら、生活衛生業の魅力を伝える事業を実施しています。
また、指導センターでは、組合員の方が学校などに出向いて、生活衛生業の楽しさや難しさを、実際に体験してもらう「出前授業」などに対する支援事業も行っています。
これらの受け入れ店や就業体験をした生徒さん達の感想を基に、行政や組合からなる後継者育成支援協議会において意見交換を行うなどの事業も行っています。

理容研修 料理研修

インターンシップ生受入店(一覧)

理容業 令和元年度
美容業 令和元年度
旅館ホテル業 令和元年度
興行、飲食、料理業、
食肉販売業、クリーニング業
令和元年度

7. 調査活動・情報収集等事業

景気動向、経営状況調査について、(公財)全国生活衛生営業指導センターから受託し、行なっています。
生活衛生営業者の方に得られた調査結果を提供することにより、経営判断を行う材料等に活用していただきます。

  1. 調査対象者:県内の生衛業者(各70業者の調査を予定)
  2. 調査回数 :年4回(四半期ごとに1回)

調査について

  1. 生活衛生関係業者の景気動向調査((株)日本政策金融公庫 委託事業)
    調査内容:設備投資動向・資金借入動向、価格・雇用動向等
  2. 生衛業経営状況調査(厚生労働省 委託事業)
    調査内容:売り上げ、原材料費、粗利益、客数等

8. 佐賀県生活衛生同業組合連合会事務局の運営業務

生衛法に基づく非営利団体の生活衛生同業組合による連合会は、地域社会の衛生水準の維持向上や地域社会の活性化を目的とする団体であり、その事業を支援するために、次の事業に係る事務局運営業務を連合会から受託しています。

1. 生活衛生事業等功労者表彰等事業

授賞式
  1. 叙勲、知事表彰、知事・健康福祉部長感謝状等に係る候補者審査・推薦業務
  2. 佐賀県生活衛生同業組合連合会会長表彰者候補の審査業務及び表彰式関連業務
最近の表彰等受賞者一覧

2. 組織強化対策事業

組合への新規営業者、金融制度などの普及啓発に関する情報収集・情報提供及び各種団体等への要望陳情活動

3. 地域団体等との連携強化事業

「国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会佐賀県準備委員会」、「佐賀県暴力追放運動推進センター」などへの委員会参加に関する業務 など

9. その他

(株)日本政策金融公庫の融資(一般貸付)に係る県知事の推薦事務を県から受託しています。
また、生活衛生同業組合相互の連絡調整を行っています。

申請書類ダウンロード

pagetop